第60回アメリカジョッキークラブカップ(GII)の予想 | エクセル競馬〜予想ブログ〜

第60回アメリカジョッキークラブカップ(GII)の予想

レースの予想

第60回アメリカジョッキークラブカップ(GII)

予想・攻略・傾向データ

こんにちは!たけです。このブログでは下記のように分析をしてポイントを付けて予想していきます。

1.レースが行われるコース分析(今回であれば中山競馬場の芝2200mコース)
2.レースそのものの分析(今回であればアメリカジョッキーCCという重賞レースの分析)
3.複勝率を判定基準として本命・対抗馬を選出
基準複勝率は30.0%以上で該当する馬に1ポイント/40.0%以上は2ポイント評価

4.単勝・複勝回収率を判定基準として穴馬を選出
基準回収率は100.0%以上で街頭する馬に1ポイント/単勝・複勝ともに基準値超えは2ポイント評価
それではアメリカジョッキークラブカップについて分析していきましょう!

1.コース条件(中山芝2200m)でのデータ分析

※同コースのより詳細なデータは下記記事をご参照ください

中山・芝2200m 予想・攻略・傾向データ
中山芝2200mの予想・攻略・傾向データ中山芝2200mの予想・攻略・傾向データは、全クラス向けデータとクラス別データの2つに分けてご紹介します。データは下記条件で集計しています。①集計期間:2013.12.23~2018.9.29②サンプ

1.枠番

中枠が有利で最内枠・大外枠は不利、回収率では馬番12・13番が複勝回収率で100%超え。

複勝率該当馬:該当なし
回収率該当馬:該当なし

2.騎手

北村宏騎手・戸崎騎手が複勝率で4割超え、基準値超えは田辺騎手、内田騎手、蛯名騎手。また内田騎手は単勝・複勝回収率でどちらも基準値超え。

複勝率該当馬:⑥ミライヘノツバサ⑧シャケトラ、⑦ステイインシアトル、⑪サクラアンプルール、①ジェネラーレウーノ
回収率該当馬:⑦ステイインシアトル、②アクションスター

3.調教師

相沢調教師、伊藤調教師、角居調教師が複勝率4割超え。相沢調教師は単勝・複勝回収率も唯一の両方基準値超え。

複勝率該当馬:③マイネルミラノ、⑧シャケトラ、⑥ミライヘノツバサ
回収率該当馬:③マイネルミラノ、⑥ミライヘノツバサ

4.種牡馬

複勝率ではルーラーシップ産駒・ドリームジャーニー産駒が4割超え、ステイゴールド産駒が複勝回収率で100%超え。

複勝率該当馬:⑥ミライヘノツバサ、⑤ダンビュライト
回収率該当馬:③マイネルミラノ、⑨ショウナンバッハ

5.近3走上がり3ハロン順位

前走上がり3ハロン順位では1位~2位が複勝率基準値クリア。また1位は複勝率4割超え。
直近3走ともに上り最速で3連勝し、菊花賞馬となったフィエールマン等が該当しました。

複勝率該当馬
6ポイント/④フィエールマン
2ポイント/⑨ショウナンバッハ
1ポイント/②アクションスター、⑤ダンビュライト、⑩メートルダール
回収率該当馬:該当なし

6.近3走4コーナー通過順位

前走4コーナー通過順位では複勝率・回収率ともに該当はありません。

複勝率該当馬:該当なし
回収率該当馬:該当なし

コース条件でのピックアップ馬

複勝率該当馬 ※2ポイント以上
④フィエールマン/7ポイント
⑥ミライヘノツバサ/6ポイント
⑦アンジュデジール/4ポイント
⑧シャケトラ/4ポイント
⑤ダンビュライト/3ポイント
③マイネルミラノ/2ポイント
⑨ショウナンバッハ/2ポイント
回収率該当馬
③マイネルミラノ/3ポイント
⑦ステイインシアトル/2ポイント
②アクションスター/1ポイント
⑥ミライヘノツバサ/1ポイント
⑨ショウナンバッハ/1ポイント

2.レース分析

1.アメリカジョッキークラブカップ 消しデータ

1.前走ハンデ戦で今回斤量2kg以上増加/複勝率0.0%【0-0-0-16/16】:
 ②アクションスター、⑨ショウナンバッハ

2.アメリカジョッキークラブカップ ピックアップデータ

1.4歳馬/複勝率33.3%【1-3-2-12/18】:
 ①ジェネラーレウーノ、④フィエールマン

2.前走GⅠに出走/複勝率34.4%【5-4-2-21/32】:
 ①ジェネラーレウーノ、④フィエールマン、⑧シャケトラ、⑪サクラアンプルール

3.前走4コーナー通過順位1位/複勝率50.0%【3-0-1-4/8】:
①ジェネラーレウーノ、⑦ステイインシアトル

レース条件でのピックアップ馬
①ジェネラーレウーノ
④フィエールマン
⑦ステイインシアトル
⑧シャケトラ
⑪サクラアンプルール

3.結論

このレースは重賞には珍しく高齢馬の活躍が目立ちます。昨年度は8歳馬のマイネルミラノ、3年前は7歳馬が1・2着になるなど、高齢を理由に切れないレースです。

本命は④フィエールマン。常に最速の上りで駆け抜け、先行力もあります。初の古馬戦となりますが、能力的にも問題はないでしょう。

対抗には①ジェネラーレウーノ。フィエールマンと同じ4歳馬で、中山芝コースとの相性が抜群です。常に先行するスタイルも同レースにはぴったりで、上手く先手を取れれば勝ち負けもできるでしょう。

単穴は⑦ステイインシアトル。8歳馬ながら先行して粘るスタイルで重賞でも上位に食い込んでいます。ジェネラーレウーノとの先手争いになる可能性もありますが、すんなり隊列が決まれば、上位入線も可能でしょう。

紐には中山芝コース巧者で昨年度の同コースで3着だった⑥ミライヘノツバサと前走有馬記念で先行し粘った⑧シャケトラ、穴馬には国内重賞では安定している⑤ダンビュライトを推奨します。

◎④フィエールマン
○①ジェネラーレウーノ
▲⑦ステイインシアトル
△⑥ミライヘノツバサ
△⑧シャケトラ
穴⑤ダンビュライト

買い目:④フィエールマン 単勝・複勝2点/ ④-①・⑤・⑥・⑦・⑧ 馬連・ワイド5点

↓↓↓↓是非応援クリックをお願いします↓↓↓↓

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

コメント