スポーツニッポン賞京都金杯(GⅢ)の予想 | エクセル競馬〜予想ブログ〜

スポーツニッポン賞京都金杯(GⅢ)の予想

レースの予想

スポーツニッポン賞京都金杯(GⅢ) 予想・攻略・傾向データ

こんにちは!たけです。このブログでは下記のように分析をしてポイントを付けて予想していきます。

1.レースが行われるコース分析(今回であれば京都競馬場の芝1600mコース)
2.レースそのものの分析(今回であれば京都金杯という重賞レースの分析)
3.複勝率を判定基準として本命・対抗馬を選出
基準複勝率は30.0%以上で該当する馬に1ポイント/40.0%以上は2ポイント評価

4.単勝・複勝回収率を判定基準として穴馬を選出
基準回収率は100.0%以上で街頭する馬に1ポイント
それでは京都金杯について分析していきましょう!

1.コース条件(京都芝1600m)でのデータ分析

※同コースのより詳細なデータは下記記事をご参照ください

【18年12月更新】京都・芝1600m内回り 予想・攻略・傾向データ
京都芝1600m内回りの予想・攻略・傾向データ京都芝1600m内回りの予想・攻略・傾向データは、全クラス向けデータとクラス別データの2つに分けてご紹介します。データは下記条件で集計しています。1.集計期間:2014.1.5~2018.11.

1.枠番

枠順別での目立った有利不利はなく、回収率も100%を超える枠番はない。

複勝率該当馬:該当なし
回収率該当馬:該当なし

2.騎手

今回の騎乗騎手では川田・福永2名が勝率・複勝率4割越え。武豊は勝ち星こそないが、複勝率・複勝回収率共に高い。同コースで穴を開けているのは川島騎手

複勝率該当馬:⑰ロードクエスト⑫パクスアメリカーナ、⑥アドマイヤアルバ、⑪トゥラヴェスーラ
回収率該当馬:⑦ミエノサクシード

3.調教師

中内田調教師が複勝率5割超で更に単勝・複勝回収率もプラス。昆貢調教師も複勝率、単勝・複勝回収率全て基準値超えと狙い目。

複勝率該当馬:⑫パクスアメリカーナ、②サラキア、⑥アドマイヤアルバ、⑧ヒーズインラブ、⑨スマートオーディン、⑮マイスタイル
回収率該当馬:⑫パクスアメリカーナ、⑮マイスタイル、⑦ミエノサクシード

4.種牡馬

ディープインパクトが複勝率でトップ。また近年台頭してきたスクリーンヒーローも複勝率だけでなく、単勝・複勝回収率も大幅に基準値超え。

複勝率該当馬:②サラキア、③カツジ、⑩リライアブルエース、、④グァンチャーレ、⑭ゴールドサーベラス
回収率該当馬:④グァンチャーレ、⑭ゴールドサーベラス

5.近3走上がり3ハロン順位

前走上がり3ハロン順位では1位~3位が複勝率基準値クリア。前走マイルCSで上がり3ハロン順位が1位だった③カツジ、前走・3走前で1位だった⑥アドマイヤアルバ等が該当。

複勝率該当馬:2ポイント/①ストーミーシー、②サラキア、⑥アドマイヤアルバ、⑩リライアブルエース、⑪トゥラヴェスーラ、1ポイント/③カツジ、④グァンチャーレ、⑤バリス、⑦ミエノサクシード、⑧ヒーズインラブ、⑫パクスアメリカーナ、⑬アサクサゲンキ、⑰ロードクエスト
回収率該当馬:該当なし

6.近3走4コーナー通過順位

前走4コーナー通過順位では前から2番手~1/4頭以内だった馬が複勝率基準値超え。着順こそ振るわないものの、3走連続で該当している⑯ツーエムマイスタ、オープンで安定して先行している④グァンチャーレ等が該当。

複勝率該当馬:3ポイント/⑯ツーエムマイスタ、④グァンチャーレ、2ポイント/②サラキア、⑨スマートオーディン、⑭ゴールドサーベラス、1ポイント/⑤バリス、⑦ミエノサクシード、⑬アサクサゲンキ、⑮マイスタイル、
回収率該当馬:該当なし

コース条件でのピックアップ馬 ※2ポイント以上&上位5頭

複勝率該当馬
②サラキア/5ポイント
④グァンチャーレ/5ポイント
⑫パクスアメリカーナ/5ポイント
⑥アドマイヤアルバ/4ポイント
⑩リライアブルエース/3ポイント
⑪トゥラヴェスーラ/3ポイント
⑯ツーエムマイスタ/3ポイント
⑰ロードクエスト/3ポイント

回収率該当馬
⑦ミエノサクシード/2ポイント
⑫パクスアメリカーナ/2ポイント
⑮マイスタイル/2ポイント

2.レース分析

1.京都金杯 消しデータ

1.前走オープン以下で6着以下/勝率・連対率・複勝率0.0%【0-0-0-22/22】:
①ストーミーシー、⑤バリス、⑨スマートオーディン、⑯ツーエムマイスタ
2.前走オープン以下で勝ち馬との着差0.6秒以上/勝率・連対率・複勝率0.0%【0-0-0-19/19】:
   ①ストーミーシー、⑤バリス、⑨スマートオーディン、⑪トゥラヴェスーラ、⑬アサクサゲンキ、⑯ツーエム
マイスタ

2.京都金杯 ピックアップデータ

1.1枠・3枠・4枠/複勝率34.5%【7-7-6-36/58】:
   ①ストーミーシー、②サラキア、⑤バリス、⑥アドマイヤアルバ、⑦ミエノサクシード、⑧ヒーズインラブ
2.前年度芝1600mの重賞で3着以内経験有/複勝率36.4%【8-7-5-35/55】:
   ①ストーミーシー、③カツジ、⑧ヒーズインラブ、⑩リライアブルエース、⑫パクスアメリカーナ
3 .前年度芝オープンで5着以内/複勝率31.0%【5-0-4-20/29】:
   ④グァンチャーレ、⑥アドマイヤアルバ、⑫パクスアメリカーナ、⑬アサクサゲンキ

レース条件でのピックアップ馬 ※複数該当馬は赤字

②サラキア
③カツジ
④グァンチャーレ
⑥アドマイヤアルバ
⑦ミエノサクシード
⑧ヒーズインラブ
⑩リライアブルエース

⑫パクスアメリカーナ

3.結論

本命は⑫パクスアメリカーナ。関西のマイル戦で実績を積んできており、今回も条件は絶好。
対抗には⑥アドマイヤアルバ。直近3走は不振ですが、相性の良い京都コースへ戻り、更に枠番も絶好の3番枠と一変を期待できます。
単穴は④グァンチャーレ。7歳馬ながらマイルを中心とした中距離戦線で実績を積んでおり、特に同コースとの相性が良く、勝ち負けも期待できます。
紐には牝馬重賞では一戦級の活躍をしており枠番も良い②サラキアとム直近不振ですが内容は悪くなく枠に恵まれた⑧ヒーズインラブを抑えておきます。
穴馬にはコースデータ・回収率でのポイントが高い⑦ミエノサクシードを抑えておきます。

◎⑫パクスアメリカーナ
○⑥アドマイヤアルバ
▲④グァンチャーレ
△②サラキア
△⑧ヒーズインラブ

穴⑦ミエノサクシード

買い目:⑫ 単勝・複勝2点/ ⑫-⑥・④・②・⑧・⑦  馬連5点・ワイド5点 合計12点

↓↓↓↓是非応援クリックをお願いします↓↓↓↓

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

コメント