第36回フェブラリーステークス(GI)の予想 | エクセル競馬〜予想ブログ〜

第36回フェブラリーステークス(GI)の予想

レースの予想

第36回フェブラリーステークス(GI)予想・攻略・傾向データ

こんにちは!たけです。このブログでは下記のように分析をしてポイントを付けて予想していきます。

1.レースが行われるコース分析(今回であれば東京競馬場のダート1600mコース)
2.レースそのものの分析(今回であればフェブラリーステークスという重賞レースの分析)
過去10回分同じコースで開催されたレースを対象としています。

3.複勝率を判定基準として本命・対抗馬を選出
基準複勝率は30.0%以上で該当する馬に1ポイント/40.0%以上は2ポイント評価

それではフェブラリーステークスについて分析していきましょう!

1.コース条件(東京ダート1600m)でのデータ分析

※同コースのより詳細なデータは下記記事をご参照ください

【19年4月更新】東京・ダート1600m 予想・攻略・傾向データ
東京ダート1600mの予想・攻略・傾向データ東京ダート1600mの予想・攻略・傾向データは、全クラス向けデータとクラス別データの2つに分けてご紹介します。データは下記条件で集計しています。1.集計期間:2014.4.26~2019.2.17

1.枠番

1枠が明らかに不利ですが、目立って有利な枠はなく該当馬はありません。

該当馬:該当なし

2.騎手

複勝率が5割超えのCルメール騎手、4割超の戸崎・武豊騎手が狙い目。あとはMデムーロ騎手が基準値超え。

該当馬:③ゴールドドリーム、⑥インティ、⑦サンライズノヴァ、⑭オメガパフューム

3.調教師

石坂調教師が複勝率47.6%と圧倒的な成績でトップ。ほか加藤調教師が複勝率4割超え等。

該当馬:⑧モーニン、⑬ノンコノユメ、①クインズサターン、②ユラノト、⑥インティ、⑦サンライズノヴァ、⑩サンライズソア

4.種牡馬

アドマイヤオーラ・トワイニング産駒が複勝率30%超え。

該当馬:⑫ノボバカラ、⑬ノンコノユメ

5.近3走上がり3ハロン順位

前走上がり3ハロン順位では1~2位が複勝率基準値クリア。直近3走で逃げ・先行で最速の上りを繰り出している⑥インティ、ダート重賞を最速の上りで2連勝している⑪コパノキッキング等が該当。

3ポイント/⑥インティ
2ポイント/①クインズサターン、⑧モーニン、⑪コパノキッキング
1ポイント/⑦サンライズノヴァ、⑨ワンダーリーデル、⑬ノンコノユメ、⑭オメガパフューム

6.近3走4コーナー通過順位

前走4コーナー通過順位では複勝基準値をクリアした番手がなく、該当馬はいません。

該当馬:該当馬なし

 

コース条件でのピックアップ馬 ※2ポイント以上のみ
⑥インティ/6ポイント
⑧モーニン/5ポイント
⑦サンライズノヴァ/4ポイント
⑬ノンコノユメ/4ポイント
①クインズサターン/3ポイント
③ゴールドドリーム/2ポイント
⑪コパノキッキング/2ポイント
⑭オメガパフューム/2ポイント

2.レース分析

1.フェブラリーステークス 消しデータ

1.前走2.0秒以上での負け/複勝率0.0%【0-0-0-10/10】:
 ④メイショウウタゲ

2.1番枠/複勝率0.0%【0-0-0-10/10】:
 ①クインズサターン

3.前走京都競馬場/複勝率0.0%【0-0-0-18/18】:
 ⑤サクセスエナジー

4.東京ダートで1着経験なし/複勝率5.7%【0-2-1-50/53】:
 ⑤サクセスエナジー、⑥インティ、⑭オメガパフューム

5.前走根岸ステークスで4着以下/複勝率0.0%【0-0-0-33/33】:
 ④メイショウウタゲ、⑦サンライズノヴァ、⑧モーニン、⑨ワンダーリーデル、⑫ノボバカラ

6.前年度以降東京ダートで1着経験がなく、前走2着以下/複勝率3.0%【0-0-2-64/66】:
 ⑤サクセスエナジー、⑥インティ、⑭オメガパフューム

2.フェブラリーステークス ピックアップデータ

1.前走上がり3ハロン順位1~2位/複勝率37.5%【4-5-3-20/32】
⑥インティ、⑧モーニン、⑪コパノキッキング

2.前走1着/複勝率41.0%【6-5-5-23/39】
⑤サクセスエナジー、⑥インティ、⑪コパノキッキング、⑭オメガパフューム

3 .ゴールドアリュール産駒/複勝率36.8%【4-3-0-12/19】:
③ゴールドドリーム、⑦サンライズノヴァ

4 .5歳馬/複勝率36.7%【4-3-4-19/30】:
②ユラノト、⑤サクセスエナジー、⑥インティ、⑩サンライズソア

 

レース条件でのピックアップ馬
②ユラノト
③ゴールドドリーム
⑤サクセスエナジー
⑥インティ
⑦サンライズノヴァ
⑧モーニン
⑩サンライズソア
⑪コパノキッキング
⑭オメガパフューム

3.結論

毎年ダートの一線級の馬が集まり正にダートの「グランプリレース」と言っても過言ではありません。特に今年は話題の馬が多く、予想も難しいレースとなりました。1番人気の馬が強く、過去10回で馬券内8回とほぼ鉄板です。予想の肝としては東京ダート経験と前走レースでのレース内容で、大敗していた馬の巻き返しは厳しい印象ですね。

本命は⑥インティ。多言無用。逃げて最速の上りを出せる唯一無二の馬。前走も余裕を持っての勝利。初GⅠの上に、初東京コースがネックだが、克服できる能力はある。

対抗は⑪コパノキッキング藤田奈々子騎乗で話題を集めてはいるが、能力は高く前走の勝利で東京ダートも問題なくこなせることが証明された。末脚が発揮されれば問題なく勝てるだろう。

単穴は③ゴールドドリーム。昨年度の2着馬。その後は地方重賞を主戦場としており強さは健在。久々の東京ダートコースがどうか?不安は残る。

紐には内枠の東京ダートで一発が狙える②ユラノトと前年度覇者の⑬ノンコノユメ、そして穴馬には5歳馬で直近のダート重賞でも結果を残している⑩サンライズソアを推奨します。

◎⑥インティ
○⑪コパノキッキング
▲③ゴールドドリーム
△②ユラノト
△⑬ノンコノユメ
穴⑩サンライズソア

買い目:⑥インティ 単勝・複勝2点/ ⑥-⑪・③・②・⑬・⑩ 馬連5点/ ②・③・⑩・⑪・⑬ ワイド10点

↓↓↓↓是非応援クリックをお願いします↓↓↓↓

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

コメント