第55回金鯱賞(GII)の予想 | エクセル競馬〜予想ブログ〜

第55回金鯱賞(GII)の予想

レースの予想

第55回金鯱賞(GII)の予想・攻略・傾向データ

こんにちは!たけです。このブログでは下記のように分析をしてポイントを付けて予想していきます。

1.レースが行われるコース分析(今回であれば中京競馬場の芝2000mコース)
2.レースそのものの分析(今回であれば金鯱賞という重賞レースの分析)
過去10回分同じコースで開催されたレースを対象としています。

3.複勝率を判定基準として本命・対抗馬を選出
基準複勝率は30.0%以上で該当する馬に1ポイント/40.0%以上は2ポイント評価

それでは金鯱賞について分析していきましょう!

1.コース条件(中京芝2000m)でのデータ分析

※同コースのより詳細なデータは下記記事をご参照ください

中京・芝2000m 予想・攻略・傾向データ
中京芝2000mの予想・攻略・傾向データ中京芝2000mの予想・攻略・傾向データは、全クラス向けデータとクラス別データの2つに分けてご紹介します。データは下記条件で集計しています。①集計期間:2013.11.30~2018.7.22②サンプ

1.枠番

内枠・外枠で大きな有利不利の差はなく、基準値に該当する枠はなく該当馬はありません。

該当馬:該当なし

2.騎手

複勝率56.3%の川田騎手がトップ。ほかにMデムーロ・福永騎手が複勝率4割超え、藤岡・武豊騎手が基準値をクリア。

該当馬:①ダノンプレミアム、⑥ペルシアンナイト、⑬メートルダール、④スズカデヴィアス、⑧エアウィンザー

3.調教師

角居調教師が複勝率59.6%とダントツのトップ、ほか池江・調教師が複勝率4割超えの基準値超え。

該当馬:③サトノワルキューレ、⑤タニノフランケル、⑧エアウィンザー、⑥ペルシアンナイト、⑦ギベオン、⑩アルアイン

4.種牡馬

出走馬の中ではディープインパクト産駒が唯一の複勝率基準値超え。

該当馬:①ダノンプレミアム、③サトノワルキューレ、⑦ギベオン、⑩アルアイン、⑬メートルダール

5.近3走上がり3ハロン順位

前走上がり3ハロン順位では1~3位が基準値をクリア。出走馬唯一3走連続上り3ハロン基準値をクリアしたエアウィンザー、海外遠征前のGⅠ・GⅡで基準値をクリアしたリスグラシュー、前走のダービーこそ6着と振るわなかったもののフューチュリティステークス・弥生賞で基準値をクリアしたダノンプレミアム等が該当。

3ポイント:⑧エアウィンザー
2ポイント:①ダノンプレミアム、②ショウナンバッハ、③サトノワルキューレ、④スズカデヴィアス、
       ⑨ムイトオブリガード、⑪リスグラシュー、⑬メートルダール
1ポイント:⑦ギベオン、⑫モズカッチャン

6.近3走4コーナー通過順位

前走4コーナー通過順位では基準値をクリアする順位がなく、該当馬なしです。

該当馬:該当馬なし

コース条件でのピックアップ馬 ※複数該当馬のみ
⑧エアウィンザー/6ポイント
①ダノンプレミアム/5ポイント
③サトノワルキューレ/5ポイント
⑥ペルシアンナイト/4ポイント
⑦ギベオン/4ポイント
⑬メートルダール/4ポイント
④スズカデヴィアス/3ポイント
⑩アルアイン/3ポイント
②ショウナンバッハ/2ポイント
⑤タニノフランケル/2ポイント
⑨ムイトオブリガード/2ポイント

2.レース分析

※コース分析はコース改修後の2012年以降の7回分の分析です。

1.金鯱賞 消しデータ

※消しデータはありません

2.フィリーズレビュー ピックアップデータ

1.前走芝コース・上り3ハロン順位1~3位/複勝率35.7%【4-3-3-18/28】※直近3走での該当
①ダノンプレミアム、②ショウナンバッハ、③サトノワルキューレ、④スズカデヴィアス、⑤タニノフランケル、
⑦ギベオン、⑧エアウィンザー、⑨ムイトオブリガード、⑩アルアイン、⑪リスグラシュー、⑫モズカッチャン、
⑬メートルダール

2.前走芝コース・4コーナー通過順位1~2位/複勝率36.4%【3-1-0-7/11】※直近3走での該当
①ダノンプレミアム、⑤タニノフランケル、⑩アルアイン、

3.4歳馬/複勝率43.8%【4-2-1-9/16】
①ダノンプレミアム、③サトノワルキューレ、⑤タニノフランケル、⑦ギベオン

レース条件でのピックアップ馬 ※複数該当のみ
①ダノンプレミアム
③サトノワルキューレ
⑦ギベオン

3.結論

金鯱賞は2017年より3月開催となり、1着馬にはGⅠとなった大阪杯の優先出走権が与えられるレースとなりました。傾向としては逃げ・先行馬と差し・追い込み馬の組み合わせで決まることが多くなり、特に3月開催となった17年・18年は2年連続で逃げ馬が連対しています。

本命は①ダノンプレミアム。新前走のダービーこそ6着だったが、先行して粘り0.2秒差と差はない競馬をしている。本レースに有利な4歳馬で、先行して速い上りを使える同馬の巻き返しが期待できる。

対抗は⑧エアウィンザー4走連続1着と調子が良く、最速の上りでゴールを駆け抜けており上位は堅い。

単穴は⑩アルアイン。掲示板を外さない堅実な競馬をしており、重賞でも安定して先行できている。今回前残りの馬場であれば勝ち負けもあり得る。

紐には着順こそ振るわないものの中距離重賞で安定した末脚を見せている③サトノワルキューレと牝馬重賞では一級戦で前走海外GⅠでも連対を果たした⑪リスグラシュー、さらに斤量増が不安材料だが逃げるなこの馬であろう⑤タニノフランケル、そして穴馬には3走前で同コース重賞で最速の上りで連対を果たした②ショウナンバッハを推奨します。

◎①ダノンプレミアム
○⑧エアウィンザー
▲⑩アルアイン
△③サトノワルキューレ
△⑤タニノフランケル
△⑪リスグラシュー
穴②ショウナンバッハ

買い目: ① 単勝・複勝2点/①-⑧・⑩・③・⑤・⑪・② 馬連・ワイド計12点

↓↓↓↓是非応援クリックをお願いします↓↓↓↓

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

コメント