第26回函館スプリントステークス(GIII)の予想 | エクセル競馬〜予想ブログ〜

第26回函館スプリントステークス(GIII)の予想

レースの予想

第26回函館スプリントステークス(GIII)

の予想・攻略・傾向データ

こんにちは!たけです。このブログでは下記のように分析をしてポイントを付けて予想していきます。
1.各馬の直近3走の上り3ハロンタイム分析
2.各馬の直近3走の走破タイムから上り3ハロンタイムを除いたタイム分析

1.直近3走の上り3ハロンタイムを偏差値で評価。
2.前半3ハロンデータを直接取ることはデータ上難しいので、走破タイムから上り3ハロンタイムを差し引いた、
いわゆるスタートしてから末脚を発揮する直前までのタイムを同様に偏差値で評価。
※どちらもコース・クラス内での評価で偏差値60以上(上位16%前後)をピックアップします。

こちらの2点を加えて下記の通り出走馬を評価していきます。

1.レースが行われるコース分析(今回であれば函館競馬場の芝1200mコース)
※サンプルレース数が20以上のもののみ分析
1-1.複勝率を判定基準としてポイント判定
基準複勝率は30.0%以上で該当する馬に1ポイント/40.0%以上は2ポイント評価、
 50.0%以上は3ポイント評価
1-2.複勝率・単勝回収率・複勝回収率を判定基準として本命・対抗馬を選出
※基準回収率は100.0%以上で該当する馬に1ポイント
2.各馬の直近3走の上り3ハロンタイム分析
3.各馬の直近3走の走破タイムから上り3ハロンタイムを除いたタイム分析
それでは函館スプリントステークスについて分析していきましょう!

1.コース条件(函館芝1200m)でのデータ分析

※同コースのより詳細なデータは下記記事をご参照ください

函館・芝1200m 予想・攻略・傾向データ
函館芝1200mの予想・攻略・傾向データ函館芝1200mの予想・攻略・傾向データは、全クラス向けデータとクラス別データの2つに分けてご紹介します。データは下記条件で集計しています。1.集計期間:2014.6.15~2018.7.222.サン

1.複勝率ポイント ※複勝率30%以上でポイント加算

枠番 馬番 馬名 枠番 騎手 種牡馬 調教師 前4角 前上3F 得点
1 1 サフランハート             0
2 2 ペイシャフェリシタ         2
3 3 シュウジ           1
4 4 ライトオンキュー           1
4 5 リナーテ           1
5 6 ダノンスマッシュ             0
5 7 ダイメイフジ             0
6 8 トウショウピスト           1
6 9 ユキノアイオロス             0
7 10 カイザーメランジェ             0
7 11 アスターペガサス           1
8 12 タマモブリリアン             0
8 13 タワーオブロンドン           1

※★=3ポイント、◎=2ポイント、○=1ポイント
※前4角:前走4コーナー通過順位での判定 ※複勝率30%以上ならポイント加算
※前上3F:前走上り3ハロンタイム順位での判定 ※複勝率30%以上ならポイント加算

2.回収率ポイント ※回収率100%以上でポイント加算

枠番 馬番 馬名 枠番 騎手 種牡馬 調教師 前4角 前上3F 得点
1 1 サフランハート           1
2 2 ペイシャフェリシタ         2
3 3 シュウジ           1
4 4 ライトオンキュー           1
4 5 リナーテ         2
5 6 ダノンスマッシュ         2
5 7 ダイメイフジ     4
6 8 トウショウピスト         2
6 9 ユキノアイオロス           1
7 10 カイザーメランジェ           1
7 11 アスターペガサス           1
8 12 タマモブリリアン         2
8 13 タワーオブロンドン             0

※★=3ポイント、◎=2ポイント、○=1ポイント
※前4角:前走4コーナー通過順位での判定 ※回収率100%以上ならポイント加算
※前上3F:前走上り3ハロンタイム順位での判定 ※回収率100%以上ならポイント加算

3.コースポイント

直近3走で馬券に食い込めていない2頭、②ペイシャフェリシタと⑦ダイメイフジがポイントトップと混戦模様。2番手は近走安定したレースぶりを見せていて2戦重賞で2連対と好調の⑤リナーテ、一方直近5走掲示板すら載れていない⑧トウショウピスト。

②ペイシャフェリシタ/4ポイント
⑦ダイメイフジ/4ポイント
⑤リナーテ/3ポイント
⑧トウショウピスト/3ポイント
③シュウジ/2ポイント
④ライトオンキュー/2ポイント
⑥ダノンスマッシュ/2ポイント
⑪アスターペガサス/2ポイント
⑫タマモブリリアン/2ポイント
①サフランハート/1ポイント
⑨ユキノアイオロス/1ポイント
⑩カイザーメランジェ/1ポイント
⑬タワーオブロンドン/1ポイント

2.直近3走の上り3ハロンタイム分析

馬番 馬名 クラス平均 コース平均 前走 2走前 3走前
1 サフランハート 43.3 43.4      
2 ペイシャフェリシタ 50.8 57.0      
3 シュウジ          
4 ライトオンキュー 54.2 58.5    
5 リナーテ 59.0 57.7    
6 ダノンスマッシュ 54.4 58.8      
7 ダイメイフジ 53.2 58.0      
8 トウショウピスト 41.9 44.0      
9 ユキノアイオロス 55.8 53.6    
10 カイザーメランジェ 53.2 58.0    
11 アスターペガサス 53.4 55.9    
12 タマモブリリアン 51.9 55.5    
13 タワーオブロンドン 61.9 64.4  

※クラス平均:直近3走で出走したレースのコースとクラス平均に対する偏差値の平均値
※コース平均:直近3走で出走したレースのコースの平均に対する偏差値の平均値
※前走~3走前:クラス平均かコース平均のどちからで偏差値60以上なら○、両方60以上なら◎

3.直近3走の走破タイムから上り3ハロンタイムを除いたタイム分析

馬番 馬名 クラス平均 コース平均 前走 2走前 3走前
1 サフランハート 59.2 58.8    
2 ペイシャフェリシタ 56.8 63.3  
3 シュウジ          
4 ライトオンキュー 46.6 53.2      
5 リナーテ 61.6 66.7  
6 ダノンスマッシュ 61.7 62.4  
7 ダイメイフジ 53.6 60.9  
8 トウショウピスト 60.3 66.3    
9 ユキノアイオロス 44.9 45.6      
10 カイザーメランジェ 56.4 61.1  
11 アスターペガサス 50.6 55.6      
12 タマモブリリアン 54.2 57.6    
13 タワーオブロンドン 61.4 66.6  

※クラス平均:直近3走で出走したレースのコースとクラス平均に対する偏差値の平均値
※コース平均:直近3走で出走したレースのコースの平均に対する偏差値の平均値
※前走~3走前:クラス平均かコース平均のどちからで偏差値60以上なら○、両方60以上なら◎

3.結論

いよいよ夏競馬の代名詞、北海道の函館開催が始まります!函館競馬場は芝・ダートともに先行勢が強く、小回りコースのため内枠が有利です。

ただ函館スプリントステークスは意外にも逃げ・先行勢が絶対的に有利、というわけでもありません。開催週のレースでも逃げ・先行馬が馬券に絡む割合は他のコースより多少多いくらいです。そもそも函館芝1200mは突出して先行勢が有利ではなく、上級条件では末脚勝負になることもあります。

今回は先行力一本やりではなく、末脚と先行力の能力をどちらも持つ馬を中心に印を打ちました。
【追記】禁止薬物問題で6頭が出走取消のため、印を打ちなおしました。

◎⑬タワーオブロンドン
○⑩カイザーメランジェ
▲⑦ダイメイフジ
△①サフランハート
△②ペイシャフェリシ

買い目: ⑬単勝・複勝2点/⑬-⑩・⑦・①・② 馬連・ワイド合計8点

↓↓↓↓是非応援クリックをお願いします↓↓↓↓

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

コメント