第28回アーリントンカップ(GIII)の予想 | エクセル競馬〜予想ブログ〜

第28回アーリントンカップ(GIII)の予想

レースの予想

第28回アーリントンカップ(GIII)の予想・攻略・傾向データ

こんにちは!たけです。このブログでは下記のように分析をしてポイントを付けて予想していきます。

1.レースが行われるコース分析(今回であれば阪神競馬場の芝1600mコース)
2.レースそのものの分析(今回であればアーリントンカップという重賞レースの分析)
過去10回分同じコースで開催されたレースを対象としています。

3.複勝率を判定基準として本命・対抗馬を選出
基準複勝率は30.0%以上で該当する馬に1ポイント/40.0%以上は2ポイント評価

それではアーリントンカップについて分析していきましょう!

1.コース条件(阪神芝1600m)でのデータ分析

※同コースのより詳細なデータは下記記事をご参照ください

阪神・芝1600m 予想・攻略・傾向データ 
阪神芝1600mの予想・攻略・傾向データ阪神芝1600mの予想・攻略・傾向データは、全クラス向けデータとクラス別データの2つに分けてご紹介します。データは下記条件で集計しています。①集計期間:2013.11.30~2018.10.2②サンプ

1.枠番

内枠・外枠で大きな有利不利の差はなく、基準値に該当する枠はなく該当馬はありません。

該当馬:該当なし

2.騎手

Cルメール騎手がコース複勝率57.6%で断トツトップ。Mデムーロ騎手が4割超で複勝率基準値クリア。ほか浜中・福永・坂井騎手が基準値超え。

該当馬:⑫ヴァンドギャルド、⑭フォッサマグナ⑨イベリス、⑪トオヤリトセイト、⑰ミッキーブリランテ

3.調教師

藤沢調教師がコース複勝率51.7%でトップ。また大久保調教師が複勝率4割超え。ほか音無・藤原・松永調教師が複勝率基準値クリア。

該当馬:⑭フォッサマグナ、⑱ジャミールフエルテ①ミッキースピリット、⑫ヴァンドギャルド、⑯ヤマニンマヒア

4.種牡馬

出走馬の中ではディープインパクト・ロードカナロア・オルフェーヴル産駒が複勝率基準値超え。

該当馬:①ミッキースピリット、③ヴァルディゼール、⑨イベリス、⑫ヴァンドギャルド、⑯ヤマニンマヒア、
⑱ジャミールフエルテ

5.近3走上がり3ハロン順位

前走上がり3ハロン順位では1~3位が基準値をクリア。重賞レースを含む3走連続基準値をクリアしたミッキーブリランテとニシノカツナリ等が該当。

3ポイント/⑥ニシノカツナリ、⑪トオヤリトセイト、⑰ミッキーブリランテ
2ポイント/③ヴァルディゼール、④アズマヘリテージ、⑨イベリス、⑫ヴァンドギャルド、⑭フォッサマグナ、
       ⑮ユニコーンライオン、⑯ヤマニンマヒア、⑱ジャミールフエルテ
1ポイント/①ミッキースピリット、②ロードグラディオ、⑦ジゴロ、⑧オーパキャマラード、⑩カテドラル、

6.近3走4コーナー通過順位

前走4コーナー通過順位では該当する順位が無く、該当なし。

該当馬:該当なし

コース条件でのピックアップ馬 ※3ポイント以上のみ
⑫ヴァンドギャルド/6ポイント
⑭フォッサマグナ/6ポイント
⑱ジャミールフエルテ/5ポイント
⑨イベリス/4ポイント
⑪トオヤリトセイト/4ポイント
⑯ヤマニンマヒア/4ポイント
⑰ミッキーブリランテ/4ポイント
①ミッキースピリット/3ポイント
③ヴァルディゼール/3ポイント
⑥ニシノカツナリ/3ポイント

2.レース分析

1.アーリントンカップ 消しデータ

1.前走10着以下/複勝率5.3%【0-1-0-18/19】
⑥ニシノカツナリ、⑧オーパキャマラード、⑩カテドラル、⑬ラブミーファイン、⑮ユニコーンライオン

2.前走500万下条件で2着以下/複勝率6.7%【0-0-1-14/15】
①ミッキースピリット、⑯ヤマニンマヒア、⑱ジャミールフエルテ

2.アーリントンカップ ピックアップデータ

1.前走4コーナー通過順位2位以内/複勝率45.5%【7-4-6-24/41】※近3走以内
①ミッキースピリット、②ロードグラディオ、④アズマヘリテージ、⑦ジゴロ、⑧オーパキャマラード、
⑨イベリス、⑩カテドラル、⑭フォッサマグナ、⑮ユニコーンライオン、⑱ジャミールフエルテ

2.前走京都芝1600m/複勝率61.5%【3-2-3-5/13】
②ロードグラディオ、③ヴァルディゼール

レース条件でのピックアップ馬
②ロードグラディオ
③ヴァルディゼール
④アズマヘリテージ
⑦ジゴロ
⑨イベリス
⑭フォッサマグナ

3.結論

アーリントンカップは2018年よりNHKマイルカップのステップレースとなり、3着以内の馬に優先出走権が与えられるようになりました。数年前まで先行勢が有利でしたが、直近3年は差し・追い込み勢が優勢で末脚勝負となっており、それに伴い人気馬が順当に上位に来るようになっています。

本命は⑭フォッサマグナ。前走は500万下条件ながら先行して2番手の上りで圧勝。阪神コースは未経験ながら、直線に坂の有るコースで好走しており相性も問題ない。

対抗は⑯シゲルピンクダイヤ前走はシンザン記念で1着とキャリア2戦ながら能力は上位。馬券圏内は堅い。

単穴は⑰ミッキーブリランテ3走連続で上り上位を記録し、2走前はシンザン記念で差のない競馬をし、能力は上位で勝ち負けできる。

紐には下級条件ながら3走連続で上り最速をマークした⑪トオヤリトセイトと重賞で2戦連続上位の末脚を見せつけた⑫ヴァンドギャルド、そして穴馬には先行力で安定している②ロードグラディオを推奨します。

◎⑭フォッサマグナ
○③ヴァルディゼール
▲⑰ミッキーブリランテ
△⑪トオヤリトセイト
△⑫ヴァンドギャルド
穴②ロードグラディオ

買い目:⑭ 単勝・複勝2点/⑭-③・⑰・⑪・⑫・② 馬連・ワイド計10点

↓↓↓↓是非応援クリックをお願いします↓↓↓↓

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

コメント